歯医者さんに中々足を運べない…そのような方の原因の一つに「麻酔時の痛み」があるかと思います。一昔前と比べて、現在の歯科医院では技術や材料が進歩し、痛みを和らげるさまざまな工夫があります。

ここでは当院が導入している痛みを軽減する処置の方法をご紹介いたします。

無痛麻酔のステップ

歯科

自動麻酔注射器「アネジェクト」を導入し、痛みのない麻酔を導入しています。使用する針に33ゲージという数値の極細針をセットし、歯ぐきの表面の感覚を麻痺させる表面麻酔ジェルを事前に塗布することで、チクッとした刺激を軽減します。

アネジェクトはコンピュータ制御により、一定のゆっくりとした速度で麻酔液を流し込むため、麻酔時の嫌な感覚の痛みが緩和されます。

事前に麻酔液を温める

カプリ

まずは麻酔液が入ったカートリッジの瓶を専用のウォーマー「カプリ」で温めます。麻酔液を人肌の温度に事前に温めて使用することで、注入時の痛みや違和感を感じにくくなります。

歯ぐきに表面麻酔ジェルを塗る

検診

歯ぐきの表面を軽く麻痺させる専用のゲル剤「表面麻酔」を塗布します。フルーツ味のフレーバーになっており、この麻酔ジェルを事前に塗ることで、針の刺激をほぼ感じさせなくすることができます。

極細の麻酔針を使用

クリーニング

表面麻酔が効いたら、自動麻酔駐車器に極細針をセットします。この注射針はこの世で最も細い33G(ゲージ)という数値の針です。細い針を使用することで、通常よりも刺激を極力軽減できます。

自動麻酔注入器でゆっくりと注入

シェードガイド

コンピュータ制御の自動麻酔注射器「アネジェクト」で麻酔液をゆっくりと注入していきます。人間の注入圧力ではどうしてもムラが出てしまうこともあるためです。

麻酔液が十分に効くまで時間をとってから、施術をスタートします。

手用の注射器でも痛くない施術を実践しています

歯科医

この治療前の事前の処置は時間も設備投資もかかるため、このような無痛麻酔の工程は一般的には省かれがちです。自動麻酔注射器は患者さんによっては全く痛みを感じることがないこともあり、現代の歯科医院で普及が進んでいます。

また、当院のドクターは、上記のような自動麻酔注射器が世に広まる前から、ゆっくり優しく注入する痛くない麻酔を実践してきました。

痛くない麻酔には歯科医師の長年の経験とコツも必要です。歯医者での痛みが苦手な方はお問い合わせください。

歯科用CO2レーザー

歯科用CO2レーザー

レーザー照射をすると、鎮痛・除痛効果があり、レーザー麻酔として上記の麻酔注射の回数・量を減らすことができ痛みの軽減・抑制に役立つ事があります。

また、歯ぐきなどを切るときのメス的な役割をします。傷の治りが早く痛みも少ないのが特徴です。

歯科治療でのレーザーのメリット

  • 出血・腫れを抑え、痛みを和らげる
  • キズの治りを早くする(治癒促進)
  • 子どもや高齢者の方でも安心
  • 妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方も受けられる
  • 副作用がない
0466-22-4880
●月火木 9:00-13:30 / 15:00-22:00▼水金19時まで
★土日  9:00-13:00 / 14:00-18:00
-祝日のみ休診
お問い合わせ
診療時間

〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬4-10-17
電車 江ノ島電鉄線「湘南海岸公園」駅 1番出口 徒歩10

詳しいアクセス・地図はこちら